理想の相手を見つける, 結婚哲学と応用, 決断する

「脈あり?脈なし?」恋愛で悩んだ時の対処法

こんにちは。あいです。

今日は、「あの人私のこと気になってる?」「この発言って、脈あり?」「このラインってどういう意味?」となって考えがぐるぐるしてしまう場合の対処法です。

私も独身時代は熱心に「脈ありライン」「あなたのことを好きな男性が出しているサイン」などの記事を読んでいましたが、結構そういうアドバイスって、どうにでも取れるので実際のところよく分からないんです。気になる人に避けられている場合、嫌いだから避けているとも、好きだから避けているとも取れる。恋愛アドバイス記事は、しっかり診断してくれません。

直感を信じよう

冷静になって考えてみてください。このようなことを考え、検索しているということは、向こうの方だってあなたのことを多少は好いてくれているはず。好き嫌いは白黒はっきり分かれるものではなく0%(消えて欲しいくらい嫌い)か100%(ずっと一緒にいたいくらい好き)の間なんです。0%−10%の間だったら明らかに嫌われているサインが見えるでしょうが、「あの人私のこと好きかな?」って思えるくらいなら、好感度はそんなに悪くないはず。

人は一人一人違うし、心を読む公式もない。でも人間が「私嫌われてるな」というのがなんとなく肌でわかるように、「私好かれてるかも?」というのも意外とわかるもの。とりあえず「悪くは思われていないだろう」という直感を信じましょう。

自分はどう思う?

では、自分はその人のことをどう思っていますか?答えが「好き」「気になる」なら、どれくらい好きですか?ちょっといい人だと思ってるけどあまり乗り気じゃない、この人のことが最高に好きでいつも考えてしまう、など答えは色々あると思います。

次に、二人の関係がどんな方向に進んでいったらいいと思いますか?もっと知りたい?付き合いたい?逆に、今はちょっと距離を置いて様子を見たいですか?

距離を置きたいのなら、答えは簡単。自分からそういう雰囲気を出していく&まだ伝わらない(反応がない)ようならもう少しはっきりと伝えます。関係を進めたい場合も答えは同じです。自分からそういう雰囲気を出していく&まだ伝わらない(反応がない)ようならもう少しはっきりと好きだと伝えていくということです。

Photo by Karolina Grabowska on Pexels.com

小さな行動を重ねる

想いの人にアプローチするとき心配になってくるのが、自分が好きすぎてアピールしすぎて、うるさい人、必死すぎる人、重い人と思われたらどうしよう…ということ。逆に好きを隠して素っ気なくしすぎると、向こうが疲れて離れていってしまう可能性も。人がみんな「あの人脈あり?」と悩むのは、二人の歩調を合わせて恋愛を進めていきたいという自然な気持ちの現れなのです。

この気持ちのすれ違いが生じないようにするために必要なのは、ズバリ、小さな行動です。先ほど好きは白黒のようにはっきり分かれるものではなく、度合い、パーセントだと書きました。人間は好感度とともに、「この人とだったら〇〇してもいい」「この人だったら〇〇しても許せる」という許容範囲があります。例えば、あまり話したことないちょっと気になっている程度の同僚にいきなり二人旅行に誘われたらちょっと引きませんか?(嬉しい方もいるかもしれませんが)でもたまたま退社時間が被ったので食事でも一緒に、の方がハードル低いですよね。

相手の好感度がだいたいわかったら、その人がその好感度で許容範囲内だと思われるポジティブなこと(嬉しいこと、楽しいこと、プラスな言葉)を小さく出して見ましょう。褒める、立ち話、食事、連絡先交換、グループで遊ぶ、など。そして相手の反応を見てください。あなたの誘いや会話に良い反応があれば、もっと進んでも良いというサイン。反応が曖昧・ネガティブであれば、好感度はその程度、ということでそれと同等レベルかよりもっと小さいアクションを続け、様子を見ましょう。

心に留めるべきは、好感度は常に上下しているということ。小さいアクションをして反応が良くなくてもリスクは0。それでもまだ気持ちがある限り行動を続けていけば良いのです。反応がよければ二人の関係はどんどん前に進み、好感度が上がり許容範囲も広がってくるはず。

禁止事項

許容範囲には上限だけでなく下限もあります。「この人ならこれくらいのことをされても嫌じゃない」という下の限界です。良くあるパターンが、相手が自分のことを好きかどうか確かめるために、このネガティブの限界を試してしまうパターン。わざと他の人に好意があるふりをして様子を見る、嫌がることをして様子を見る、無理なわがままを言って様子を見る、といった行動です。ある程度好感度はわかるかもしれませんが、それと共に好感度を下げていますし、向こうの方で「脈なしか〜」と思われてしまう危険性もあります。好きなら好きで、素直にポジティブな雰囲気を出していきましょう。

もう一つ、いきなり大きな行動はNGです。告白して、イチかバチか、あったって砕けろ!というのが典型的な例。最初に小さな行動を重ねる目的は、そこでお互いの気持ちを確かめ合うため。そしてお互いを知り合って、付き合ってもいい人だと確認するため。小さな行動を積み上げていかないと、自分が先走りすぎて傷ついたり、付き合ってから「こんなはずじゃなかった」と後悔することが多くなり、恋愛苦手意識、さらには恋愛恐怖症にまで発展してしまいます。

まとめ

恋愛はなかなか自分の思うようには行かないもの。相手の気持ちも、自分の気持ちも常に変化するナマモノなので、小さく確実に行動し、行動してから状況を見て軌道修正しましょう。長く続く「好き」は自然に起こるものではなく、意識して育てるものです。

  • 相手の好感度は直感で判断する(しかない)
  • 自分がどう思っているのか、何がしたいのかが大切
  • 小さなポジティブ行動を重ねる
  • 下限を試さない
  • いきなり大きな行動はNG

を心に留めて、素敵な恋愛を実現しましょう!

***

お役に立ちましたら、「いいね」「シェア」

お願いします!↓↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログへ


にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中