結婚哲学と応用

結婚で幸せになる前に自分を幸せにする!

スポーツの世界で心技体というように、心は体、体は心に影響を与えます。それによって自分の日々のパフォーマンスも左右されます。それらは全て一つで、つながっているのです。それらが一致してバランスが取れた時に自分の良さが一番発揮されます。

私たちは恋愛や結婚で幸せになるにはまず自分を幸せにしなくてはいけません。心技体を整えなければならないのです。結婚というのは、もう一人の人の心配、お世話をすること。もちろんその分支えてもらったり助けてもらったりすることもありますが、まず自分がある程度生活的に、また感情的に自立できていないと難しいことです。

結婚したら幸せになれる、と誰もが少なからず思っています。つらいときに話を聞いてくれる人ができたり、おなかすいたときにご飯を作ってくれる人がいたり、一緒に趣味を楽しんでくれる人がいたり、というのは結婚の嬉しいところですよね。

けれどもその生活の中で全くストレスが消えるわけではありません。むしろ親戚づきあい、夫婦関係など心配事も増えます。料理や洗濯も二人分。子供ができれば責任も増えます。なので独身のうちに自分一人を世話し幸せにする能力をある程度持っていないと、結婚したらさらに大変になってしまいます。

おなかがすいたり眠くなると恋人や伴侶がイライラする、という話をよく聞きますが、自分もそうなってはいませんか?私はやることに追われて食べること寝ることを忘れることがあり、そうするとだんだんイライラしてきます。そんな時は冷静に、「あ、体を大切にしてあげないと」と自分に言い聞かせています。一番近くにいる恋人や結婚相手に将来迷惑をかけないためにも、生活習慣を見直す必要があるのです。

また心の面でいえば、楽しい時間やリラックスの時間、学びの時間を取ることでもっとバランスの取れた生活を目指すことができます。日本は特にうつ病や自殺の多い国でもあり、労働時間も長かったりすることから、心のケアが必要とされていると思います。ストレスを感じるときに周りの人に当たるのでなく、自分で消化、解消できるようにするということですね。

心と体を健康に保つために様々なことができます。例をいくつかあげたいと思います。

体の健康
栄養のある食べ物を食べる
よく寝る
運動をする
水分をきちんと摂る
体をいたわる(リラックスする時間、スキンケア、マッサージ、ストレッチなど)

心の健康
知的好奇心を満たす
創造的な活動をする(物を作る、文を書く、絵を描くなど)
人との交わりを持つ
仕事に満足を見出す
自分自身に対してポジティブな感情を抱く(自己肯定感)

どうでしょうか?私は具体的に水を飲むこと、創造的な活動をする(このブログの執筆など)を最近意識しています。水を飲むことで倦怠感の解消、創造的な活動をすることで生活にハリができ、時間を有効活用できるようになりました。

結婚で幸せになる前に自分を幸せにする!それは結婚しなくても自分一人で幸せだからいいやというあきらめの気持ちではありません。幸せな結婚を望んでいる人こそ、まず自分一人で幸せに生活できるよう努力するべきなのです。

今の自分をもっと幸せにするためにできることは何ですか?
ぜひ心の中かノートにリストを作って実践してみてください。

(ブログランキングに参加しています。クリックお願いします↓)

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中